浮気離婚慰謝料における問題

浮気離婚慰謝料における問題

「相手の浮気が発覚し、離婚問題に発展した」と聞くと、浮気された方が離婚を切り出すパターンを想像することが多いと思いますが、中には浮気した方が離婚を切り出すという逆のパターンもあります。
こういった場合、離婚したくないのなら頑なに突っぱねることで離婚から回避できます。
しかし、もし相手の浮気の証拠を掴めなかった場合は離婚を強行されていまう場合もあります。
浮気の証拠がないということは、相手に非がないということになり、強固に反対し続けることができないのです。
確かに相手は浮気しているのに証拠が掴めないと、慰謝料も取ることができず離婚されてしまう可能性があるということです。
証拠がないと弁護士も裁判官も動けません。
あなたが離婚したくないと思っていても、万が一の時に不利にならないよう、浮気の証拠は掴んでおくようにしましょう。